乳酸菌とビフィズス菌の違い

乳酸菌とビフィズス菌の違いについて、超簡単に紹介します
どっちも同じように見えますよね
(^^:
果たしてどちらが体に良いのでしょうか?

 
01yakuzen-1

 

乳酸菌とビフィズス菌の大きな違い

 
乳酸菌は、自然界一般に存在している(できる)菌です
発酵食品やチーズなどの乳製品の中に存在していて
人の腸の中でも生きていけます

 
一方、ビフィズス菌は酸素があると生育できず
主に人や動物の腸内に生きています

 
違いを言うと

乳酸菌は色んな食品に入っていて、強い
ビフィズス菌主に動物の腸内でしか生きられなくて、弱い

 

ビフィズス菌の入ったヨーグルトなんかが売られていますが
とても弱い菌なので、ほとんど胃酸で消化されていて
肝心の腸まで届いていません
Σ(゚д゚lll)

 

どっちが体に良いの?乳酸菌とビフィズス菌の効果の違い

 

乳酸菌・ビフィズス菌共に、乳酸を作り出しますが
ビフィズス菌はそれ以上に、酢酸も作り出して善玉菌として働きます

 
体に良い乳酸菌が沢山入った乳酸菌飲料があると思いますが
自分の在来菌ではない種類の乳酸菌は、すぐ排出されます
一方のビフィズス菌は、赤ちゃんの頃から腸に住んでいて(加齢とともに減る)
体にいい影響を与える在来菌なので長持ちします

 

ビフィズス菌の方がいいように見えますが
どちらも善玉菌を増やして悪玉菌を抑える
体に良い影響を与えるものです
どちらの効果が優れているわけではなく
両方とるようにしましょう

 

 



通販人気No1の乳酸菌サプリ 乳酸菌革命パワーアップして登場 効果口コミをチェックしよう!
乳酸菌革命のレビュー紹介記事はこちら


07091108_53bca436663c6
aishi
スマートガネデン (2)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ