乳酸菌と雑菌の違いは?

乳酸菌も雑菌の一種
乳酸菌と雑菌の違いを簡単に解説します
ヽ(*´∀`)ノ

 
 

乳酸菌は雑菌と比べると
かなり大きめのサイズです

・・と言っても目には見えませんよね

乳酸菌とは

 
tokachiphoto_00341-1
 

乳酸菌は、動物の乳を餌として育つ微生物の集合体で
人間の大腸で様々な活動を行います

代表的なのが、人の体の中で善玉菌として活躍してくれる効果ですよね
( ‘-^ )b

 
 

雑菌とは

 
pirori
 

雑菌は、このように百科時点で定義されています
雑菌の種類はとっても多いのですが
体に害を与えるものばかりです
(>_<)

 
 
種々雑多な細菌(または微生物)の総称。とくに問題になるのは,ある特定の微生物や細胞を培養しようとしている際に,外部から混入してくる雑菌である。また食品工場などでは,食品の腐敗をもたらす全般的な微生物汚染が問題となる。空気中の微生物の種類や数は一様でなく,場所,季節,気象条件などによって左右されるが,その総数はおおよそ空気1m3中に1万個くらいである。実験室内で微生物を培養するときなどは,培地や器具には熱を加える滅菌操作が必ず施される。
 
 

乳酸菌と雑菌の違い

 
効果
 

雑菌は、とても小さい菌から乳酸菌と同じくらいの大きめの菌まであり
空気中など、動物の体の外でも活動できる菌ですが

乳酸菌は、生物の中でしか生きることはできません
これが、2つの大きな違いですね

 
 

2つの大きな違いは、簡単に
人にとって有害かどうか?でも分けられます
ヒトに病気など、害を与える菌達のことを雑菌
ヒトにいい影響を与える菌のことを乳酸菌と覚えておいても構いません
ヽ(*´∀`)ノ

 
 
 
 



通販人気No1の乳酸菌サプリ 乳酸菌革命パワーアップして登場 効果口コミをチェックしよう!
乳酸菌革命のレビュー紹介記事はこちら


07091108_53bca436663c6

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ