乳酸菌のとりすぎで腹痛になるって本当?

乳酸菌のとりすぎ腹痛になるって本当でしょうか?
それは、乳酸菌による腹痛ではなく
乳酸菌飲料(ヨーグルト)によるものです

 

乳酸菌にはとりすぎるなどはありません
乳酸菌サプリも同様ですが
サプリの場合は、他にも成分が含まれているので
一日の目安というものが設定されております

乳酸菌は腹痛予防になる

 

乳酸菌には腸を丈夫にする効果があります
なので、乳酸菌を毎日とっている人は
腸が丈夫になり、腹痛や下痢を引き起こしにくくなっており
乳酸菌が腹痛・下痢の予防になっています
(*≧∀≦*)

 

腹痛の原因

 
腹痛
 
しかし、一般的には乳酸菌をとる方法として
ヨーグルトや乳酸菌飲料で摂取しますね
牛乳やヨーグルトには、乳糖という牛乳の甘みを出している成分があります
これが腹痛や下痢(お腹ゴロゴロ)の原因で、
乳糖が消化しきれずお腹を緩くしてしまいます
牛乳やヨーグルトなどとりすぎると腹痛が起こりやすくなるのです
下痢の時はヨーグルトを食べるのは危険なのでオススメできません
(`・ω・´)

 

腹痛を伴わない乳酸菌のとりかた

 
ここで紹介している乳酸菌サプリは、乳製品ではないので
いくら食べても(飲んでも)腹痛や下痢が起こりません
飲めば飲むほど、お腹が丈夫になり
体が強くなるので、腹痛が起こりやすい体質の方にオススメです
ヽ(*´∀`)ノ

 
 



通販人気No1の乳酸菌サプリ 乳酸菌革命パワーアップして登場 効果口コミをチェックしよう!
乳酸菌革命のレビュー紹介記事はこちら


07091108_53bca436663c6
aishi
スマートガネデン (2)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ