乳酸菌(発酵)と腐敗菌(腐敗)の違い

発酵と腐敗の違いって知っていますか?
どちらも微生物(菌)の働きによって行われます
今回は、発酵と腐敗の違い
乳酸菌と腐敗菌の違いを紹介

 

食品が、微生物の働きによって
臭い、味、外見などが変化していくことを
発酵、あるいは腐敗と呼ばれますが
2つの違いは体にいいものか悪いものかです

発酵と腐敗の違い

 
発酵は、ヨーグルトや酒のように、糖類が分解されて
乳酸やアルコールができるような現象です

 
腐敗は、魚や肉などのタンパク質やアミノ酸などが分解されて
硫化水素やアンモニアのような腐敗臭ができる現象を思い浮かべるのがわかりやすいと思います

 
簡単に2つの違いを言うと
人間の価値観で決まります

 
いい物が作れた ⇒ 発酵
悪いものになった ⇒ 腐敗

 

実は発酵と腐敗の違いはこれだけです
(^^;

 
o0600028620130605vegetable_01-thumb-600x286-59962

 

乳酸菌と腐敗菌の違い

 
上の例と似たようなものです
体にいい影響を与える菌 ⇒ 乳酸菌(善玉菌)
体に悪い影響を与える菌 ⇒ 腐敗菌(悪玉菌)

 

悪玉菌は、腐敗菌の別名です
体に悪い腐敗物質を作ることからこう呼ばれています
腐敗菌には大腸菌、バクテロイデス菌、ブドウ球菌などがあり
様々な病気や老化を促進してしまいます

 

乳酸菌については説明がいらないかと思われます
体にいい菌の総称ですね
善玉菌を増やしたり、そのまま善玉菌になる菌です

 

乳酸菌で善玉菌を増やすことには
体の老化を防止して、元気にしてくれる効果があります
健康や美容のためにも乳酸菌をとりましょう

ヽ(*´∀`)ノ

 
 



通販人気No1の乳酸菌サプリ 乳酸菌革命パワーアップして登場 効果口コミをチェックしよう!
乳酸菌革命のレビュー紹介記事はこちら


07091108_53bca436663c6

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ