自律神経失調症を乳酸菌で予防!

乳酸菌は、カラダだけでなくココロの安定に繋がります
今回は、自律神経失調症予防として使える乳酸菌の効果をご紹介
( ‘-^ )b

 
 

自律神経失調やうつ病になる原因は
脳内の幸福物質「セロトニン」の不足です
乳酸菌には、このセロトニンの分泌を
助け、促進させる効果があるのです

自律神経失調症・うつ病はセロトニン不足が原因!

 
15-1
 

自律神経失調症やうつ病にかかる原因は、
脳内の「セロトニン」の分泌がうまくいっていないから

セロトニンが不足していると
不眠症にかかったり、上手く休息できずに
常にストレスにさらされる生活になります

 
 

セロトニンは、
うつ病・自律神経失調症の方のお薬(安定剤)でも
増やすことができますが
乳酸菌や、食べ物でも増やすことができるのです
ヽ(*´∀`)ノ

 
 

トリプトファンを増やせばセロトニンの量も増える!

 
 
現代医学では、うつ病や自律神経の病気の治療には
セロトニンを増やすことが不可欠です

 
 
病院のお薬でも増やすことができるのですが、
原料であるトリプトファンが多く含まれる物質をとることで
脳のセロトニンの量を多くすることができます
( ‘-^ )b

 
 

トリプトファンを多く含んでいる食べ物には
牛乳やヨーグルトなどの乳製品
お肉やお魚などの動物性タンパク質に多く入っています

 
 

乳酸菌で腸内環境を良くしなければ、脳にセロトニンが運ばれない

 
 
おなかの中にセロトニンの原料・トリプトファンが入ってから
今度は、乳酸菌のお仕事です

 
 
セロトニンは、腸内でトリプトファンを分解して作られます
そのセロトニンのうち、約2%の量が脳へ送られ
残りのセロトニンは腸内に留まり、腸内の活動を手助けします

 
 

セロトニンは腸内で生成されて脳へ送られるのですが
ほかにも、腸内の活動をサポートする役割を持っているのです

 
 

でも、腸内環境が悪いと・・・
本来脳へ送られるはずのセロトニンの量まで
腸内環境を改善させるために使われてしまうのです

結果として、脳へ回すセロトニンの量が減っていってしまい
いくらトリプトファンを摂取しても意味がなくなってしまう
というわけです
ヽ(´Д`;)ノ

 
 

自律神経失調症・うつ病の改善のためには

 
sitenori
 
脳に行き渡るセロトニンの量が肝心なため、
トリプトファンだけとっても、腸内環境が良くならなければ
あまり効果がありません
(`・ω・´)

 
 
トリプトファンをとること
乳酸菌で腸内環境を良くすること

 
 
この2つが達成されて初めて、自律神経やうつ病に効果を発揮します
ヽ(*´∀`)ノ

 
 



通販人気No1の乳酸菌サプリ 乳酸菌革命パワーアップして登場 効果口コミをチェックしよう!
乳酸菌革命のレビュー紹介記事はこちら


07091108_53bca436663c6

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ