乳酸菌は腎臓病(腎不全)に効果がある

乳酸菌は腎臓病にも有効
乳酸菌が作るエキス(乳酸菌生成エキス)は
腎不全に効果があります
今回は乳酸菌の腎臓への効果
乳酸菌生成エキスを直接摂取できる乳酸菌サプリをご紹介

 
 

このブログは本気で選んだ乳酸菌の紹介ブログ
サプリとヨーグルトの乳酸菌は全く別物
本当に乳酸菌を取りたい方は、
ぜひとも私の紹介するサプリをお使いください

 
 

乳酸菌で腎臓病が治る

 
 

乳酸菌はおなかをキレイにするだけでなく
色々な病気に対する抵抗を高めてくれるのです
腎臓病に対する抵抗も、乳酸菌の効果のひとつ

腎臓病は人間以外にも、猫に多いですよね
乳酸菌の作る乳酸菌生成エキスは
そんな腎臓病に効果があるのです

 
 

乳酸菌生成エキスとは

 
 

乳酸菌生成エキスとは、
乳酸菌が腸で活動するときに作られるエキスで
胃酸などの影響は受けません

この乳酸菌生成エキスは、
実験データにより、腎不全による尿毒物質の軽減が認められています
その他、腎臓病にかかりにくくする効果もあるんです
ヽ(*´∀`)ノ

 
 

乳酸菌生成エキスはサプリで直接取り入れることも可能です

 
 
ゼリータイプの乳酸菌サプリ、善玉元気のレビュー記事
 
 


 
 

こちらは冊子についている乳酸菌エキスの紹介記事(コピペ)

 
 

乳酸菌生成エキスが血液中の尿毒素を下げることが確認された
平成18年6月15日・
第49回日本腎臓学会学術総会
東京女子医科大学付属青山自然医療研究所・川島朗助教授発表
これは、東京女子医科大学腎臓病総合医療センター(川島朗助教授)での臨床試験に
よるものです。
インドキシル硫酸の数値が下がるということは、血液に入って腎臓を痛める腸内の
インドール系の悪臭物質が減少するということです。

この研究は、2,006年6月14日から京王プラザ(東京・新宿)にて開催された
第49回日本腎臓学会学術総会にて発表されました。

【発表タイトル 】
維持透析患者に対するプロバイオティクスの血中インドキシル硫酸に及ぼす影響

【方 法】
維持透析患者5名(男性3人、女性2人、平均年齢58歳、平均透析歴17年)に、
1日1回『乳酸菌生成エキス』を投与し、6ヶ月後と1年後の血中インドキシル硫酸を測定。

【考 察】
インドキシル硫酸は、尿毒素の一つですが、無尿の透析患者の血中濃度の変化を
測定することで、腸管におけるインドキシル硫酸の産生状況が予想できます。
本結果から、プロバイオティクス(乳酸菌生成エキス)は、腸管における尿毒素の
産生を低下させ、保存期腎不全のコントロールに有用な可能性が示唆されました。
 
 
川島 朗先生プロフィール
北海道大学医学部卒業、東京女子医科大学大学院修了、ハーバード大学医学部、
マサチューセッツ総合病院留学。
東京女子医大腎躁病総合医療センターなどを経て、東京女子医大付属青山自然医療
研究所・自然医療部門助教授(同研究所 所長)に。
近代西洋医学と代替・相補・伝統医療を統合した医療を目指している。

 
 

ちなみに、乳酸菌を日頃からとっている人は
尿素窒素(BUN)も下がるのです
これは単に数値が下がったと言うことではなく
腎機能を低下させるスピードを遅らせてくれているためです
乳酸菌は腎臓病一般に効果があるというわけですね
(*´∀`)♪

 
 



通販人気No1の乳酸菌サプリ 乳酸菌革命パワーアップして登場 効果口コミをチェックしよう!
乳酸菌革命のレビュー紹介記事はこちら


07091108_53bca436663c6

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ