腸内フローラで脳が健康的に!

大腸第2の脳です!
腸内フローラで脳を健康的に若返らせよう!
うつ病自律神経失調症などの精神病との関係もご紹介!
( ‘-^ )b

 
 

大腸は、第2の脳と呼ばれています
お腹のなかと頭は、かなり離れていますが
大腸で作られる様々なホルモン
脳に影響を及ぼしているんですよ

大腸は第2の脳

 
腸は第2
 
 
 
腸は、脳の働き・特に精神面と密接な関係があり
研究者の間では、「腸は第2の脳」と呼ばれています
大腸で消化されたものが脳に強い影響を及ぼす他にも
腸それ自体にも記憶神経があるのです
( -`ω-)b

 
 

腸の中に入ってくるものには、身体にとっていいものも悪いものもあります。
は、何が身体に良くて何が悪いのか記憶することができるのです。
また、脳内の神経伝達物質である「セロトニン」の
95%が腸で作られているという研究報告もあります。
腸はさらに、多くの神経や血管が集中している器官でもあります。
ですから緊張やストレスが強いとその影響をもろに受けやすいのです。

 
 
腸内環境を決定づける腸内フローラは
セロトニンの分泌量と深い関係があるので
腸内フローラの善し悪しで、アナタの気分や精神状態
良いもの・悪いものに変化するんですよ!
次に、セロトニンと腸内フローラの関係をご紹介
ヽ(*´∀`)ノ

 
 

腸内フローラで精神面が安定する!

 
image_06
 
 
 
※正確には、大腸で作られる
セロトニンと呼ばれる幸福物質が
脳に(特に精神面に)多大な影響を及ぼしているんです
( ‘-^ )b

 
 

私たちの腸の状態が精神状態まで支配するという認識は100年以上前からあったという。
19?20世紀初頭の科学者は、腸に老廃物がたまって「中毒」が起きると想定。
腸で発生した毒素がうつ病や不安、精神病につながると考えていた。
下剤の投与や腹部手術まで行われていたようだ。時は過ぎて、まさにこの考え方が復活しようとしている。
人の腸内細菌叢に関する研究が進むにつれて、
腸内細菌叢が精神状態に大きな影響を及ぼしていることが確認されつつあるからだ。
脳は微生物の構成の決定を助ける胃腸/免疫機能に作用し、
腸内細菌は神経伝達物質や代謝物などの神経に働きかける化合物を作って脳に作用するという相互作用があると見られている。
腸内細菌叢は、住処を拡大するために人々が社交的である必要があり、
そのために脳に働きかけるように進化してきたのかもしれないと説明するアイルランドの研究グループもある。
無菌環境で成育して腸内細菌叢を持たないネズミが他のネズミを認識する能力に欠けると発見している。
腸内細菌叢を邪魔してみると、人の不安やうつ病、自閉症に似た行動が誘発された。
善玉菌を増やしてやると行動が正常になったという研究もある。

 
 
脳に作用する「セロトニン」というホルモン物質は
うつ病や自律神経の安定化に多大な貢献をしています
(精神科の安定剤にも、セロトニンを増やすものがあるくらい!)
そして、セロトニンという物質は
腸内で作られるのです
(`・ω・´)

 
 

もし、腸内フローラが悪い状態だと
作られたセロトニンは、
腸内環境を改善させるために
かなりの量が使われてしまい
脳に行き渡るのはほんのちょっと・・・ということになるんです

 
 
腸内フローラを改善させて、大腸を健康にしておけば
大腸で作られたセロトニンが全て、脳に行き渡るので
腸内環境を良くする乳酸菌サプリメントは
うつ病や不安感を感じる精神病に効果的なんですね
ヽ(*´∀`)ノ

 
 

腸内フローラを高める乳酸菌サプリ

 

トップページの乳酸菌サプリランキングも人気です m(_ _)m
 
 
 
私のブログでは、効果と人気に優れている
おすすめ乳酸菌サプリを解説しています
トップページに売り上げランキングも公開しているので
きっとアナタのお役に立てることでしょう
初めての方は、まずは

「乳酸菌サプリランキング」からご覧下さい
m(_ _)m

 
 
 
 
 
 



通販人気No1の乳酸菌サプリ 乳酸菌革命パワーアップして登場 効果口コミをチェックしよう!
乳酸菌革命のレビュー紹介記事はこちら


07091108_53bca436663c6

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ