ビフィズス菌と乳酸菌の関係

ビフィズス菌と乳酸菌の関係について紹介します
2つとも整腸効果が期待でき
健康に役立つ菌ですよね
ヽ(*´∀`)ノ

 

ビフィズス菌=乳酸菌?

 

乳酸菌は、腸内の善玉菌を増やして
体にいい影響を与える菌の総称
です
つまり・・・?
ビフィズス菌は、乳酸菌の仲間なの?

 

ビフィズス菌と乳酸菌は全く別物!

答えはNO!です
no
ビフィズス菌と乳酸菌は、分類学的にも菌の性質も異なる菌です
(ただし、ビフィズス菌を広義の乳酸菌として扱う本もあります)

 

どちらが体にいい?

 

ビフィズス菌の数は、腸内に1兆~加齢とともに少なくなっていきます
一方、乳酸菌の数は、ビフィズス菌の1/1000~1/100ほどなので
どちらか片方だけ選べ!と言われたら
ビフィズス菌をとるほうが体に良い影響が出やすいです

 

乳酸菌は強い菌、ビフィズス菌は弱い菌

 

乳酸菌は、どこでも生きていけます
ビフィズス菌は動物の腸内でしか生きていけず
さらに胃酸にとても弱いため
普通にヨーグルトを食べただけでは、殆ど胃で溶けてなくなります
ビフィズス菌をとるときは、腸内まで届ける工夫が必要です

 

乳酸菌とビフィズス菌の2つは関係がなく
どちらの菌をとっても体に良いです
ただし、片方ばっかり食べているよりかは
二つの相互作用が期待できる、同時に食べる食べ方をオススメします
( ‘-^ )b

 

もし、ビフィズス菌を有効に食べたい方は
市販のヨーグルトでは不十分です
このサイトで提携させていただいている
乳酸菌サプリをお使いください
ヽ(*´∀`)ノ

 



通販人気No1の乳酸菌サプリ 乳酸菌革命パワーアップして登場 効果口コミをチェックしよう!
乳酸菌革命のレビュー紹介記事はこちら


07091108_53bca436663c6

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ