乳酸菌がうつ病予防につながる

乳酸菌はうつ病の治療・予防にも効果的です
今回はなんでうつ病に乳酸菌がおすすめなのか?と
うつ病の治療・予防につながるおすすめ乳酸菌サプリをご紹介
ヽ(*´∀`)ノ

 
 

乳酸菌うつ病だけでなく、
自律神経失調症やストレスによる不眠症
様々な精神病(こころの病気)を
治すチカラも持っています

乳酸菌がうつ病の治療に効果的な理由

 
CHTI007
 

そもそも、うつ病や精神病になる原因
脳内の幸福物質である「セロトニン」の分泌が
うまくいっていないことが原因とされていて
精神科や心療内科のお薬には
セロトニンの分泌を促す効果のあるものが処方されています
ヽ(´Д`;)ノ

 
 
現代医学では、うつ病・精神病を治すには
セロトニンの分泌を増やせばいいとされています
普通の人は、食事でセロトニンの原料となる、トリプトファンを摂取して
それでセロトニンを生産・心を安定させています
( ‘-^ )b

 
 

うつ病の人はセロトニンの分泌がうまくいっていない

 
 

うつ病の人は、通常の人よりも
セロトニンの分泌がうまくいっていません

(なのでお薬でセロトニンを増やす治療をする)
セロトニンが不足すると、心が不安定な状態になり
様々な精神病・不眠症にかかりやすくなります

(>_<)

 
 

セロトニンは大腸で作られる

 
 

セロトニンは、原料であるトリプトファンを使って腸で作られます
作られた量のうち、2%が脳に送られて、のこりのセロトニンは腸内活動に使われます
ですが、腸内環境が悪いと、それを補うために多くのセロトニンが必要になり
脳に送られる2%を削ってしまうのです

この状態だと脳に十分な量のセロトニンが送られないために
うつ病や不眠症などにかかりやすくなっています

 
 

対処法は腸内環境をキレイにすること

 
 
腸が健康的なら(善玉菌が多く活動していれば)
腸内活動も活発になり、それほど多くのセロトニンを必要としません
余ったセロトニンが脳に送られ、精神を安定させるのです
ヽ(*´∀`)ノ

 
 

つまり、腸内環境をキレイにする乳酸菌には
うつ病を治療・予防
健康的で幸福な毎日を過ごせるようにするチカラがあるということですね

( -`ω-)b

 
 

この乳酸菌サプリがうつ病に効果的

 



 

うつ病の予防・治療に有効な乳酸菌サプリは
できるだけ多くの種類の乳酸菌が入っている必要があります

 
 
このブログでご紹介させていただいている乳酸菌革命には
三大乳酸菌(ビフィズス菌・ラブレ菌・ガセリ菌)を始め
82種類もの善玉菌(乳酸菌)が配合されているので
腸内環境をキレイにし、健康を実現するのに最も最適なサプリです
(*´∀`)♪

 
 
乳酸菌革命の詳細のレビュー記事はこちら
 
 
乳酸菌革命の公式販売店による紹介ページ、ご注文はこちら

 
 

 
 
 
 



通販人気No1の乳酸菌サプリ 乳酸菌革命パワーアップして登場 効果口コミをチェックしよう!
乳酸菌革命のレビュー紹介記事はこちら


07091108_53bca436663c6

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ