乳酸菌とビフィズス菌の効果の違い

ここでは、似たような感じの体にいい菌
乳酸菌とビフィズス菌の効果の違いを解説しています
どちらも体にいいものですが、どっちのほうが優れているのでしょうか?

 

2つとも体にとてもいいもので
摂取することで(腸に届くことで)
便秘を改善したり、お肌をキレイにしたり
ダイエット効果も期待することができます

 

乳酸菌とビフィズス菌の効果

乳酸菌は必ず、植物性のものを摂りましょう
P7050004

2つとも、体の善玉菌を増やして
悪玉菌をやっつける効果
が期待できます
乳酸菌とビフィズス菌の効果に違いはありません
(*´∀`)♪

 

乳酸菌とビフィズス菌の違い

 

似ているようで微妙に違います
乳酸菌は、動物の腸以外でも生存することができる「強い菌
ビフィズス菌は、動物の腸の中でしか生きていけない「弱い菌」です
ビフィズス菌はとっても弱く、
ヨーグルトに入っているものを食べてもほとんど胃酸で溶けてしまいます
(>_<)

 

乳酸菌とビフィズス菌はどっちが良いの?

乳酸菌もビフィズス菌もどっちも体にいいものですが
どちらかといえば、ビフィズス菌のほうが体により影響を及ぼします

理由は簡単で、単純にビフィズス菌のほうが数が多いからです
人間の腸内に存在する数は、ビフィズス菌のほうが多いです(乳酸菌の100~1000倍)

 

最後に

 

乳酸菌とビフィズス菌の効果の違いはお分かりいただけましたか
( ‘-‘* )?
ビフィズス菌のほうが体に良いからといっても
普通に市販のヨーグルトを食べても、腸内に届きませんので
効果的に腸内に送り込むことができる、乳酸菌サプリをお使いください
(*´∀`)♪

 
 
 
 



通販人気No1の乳酸菌サプリ 乳酸菌革命パワーアップして登場 効果口コミをチェックしよう!
乳酸菌革命のレビュー紹介記事はこちら


07091108_53bca436663c6

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ