乳酸菌と睡眠の関係

大腸の働きと睡眠には密接な関係があります
乳酸菌をとることで、睡眠障害・不眠症
治したり、改善したりすることができるんですよ
ヽ(*´∀`)ノ

 
 

日頃から健康的な生活を送ることで
睡眠にもいい影響を与えられます
乳酸菌自体が不眠症に効くのではなく
セロトニンという物質が重要です

睡眠とセロトニン

 
3583-03
 

セロトニンという物質をご存知ですか?
うつ病や精神病不眠症・不安感取り除く作用があり
精神系のお薬に入っている物質なのですが
このセロトニンは、日頃の食事で取ることができます
(*´∀`)♪

 
 
ご飯やタンパク質などに豊富に入っているセロトニン
大腸で作られていて
大腸から血液に乗って、脳まで到達して睡眠を促す物質(メラトニン)になるのですが

 
 

大腸の環境が悪いと、大腸の働きを保つために
普通よりも多くのセロトニンが、大腸で消費されます

こうなると、脳へ普段通りのセロトニンが流れていってくれず
結果として不眠症・睡眠障害となって現れてしまいます

(>_<)

 
 

乳酸菌が間接的に睡眠の質を高める

 
20150427141702
 

大腸の機能を健康的にするには、乳酸菌がうってつけです
乳酸菌で腸内を美化できていれば、普通よりも沢山のセロトニンが脳に流れて
睡眠の質・効率がよくなり不眠症を改善できるというわけですね

(*≧∀≦*)

 
 
 
 
 
 



通販人気No1の乳酸菌サプリ 乳酸菌革命パワーアップして登場 効果口コミをチェックしよう!
乳酸菌革命のレビュー紹介記事はこちら


07091108_53bca436663c6

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ